3月下旬は寒いのでゆっくりのさくら・冬アイテムもうしばらく

3月のお彼岸は一週間、週末からの季節風などで少し寒い感覚、例年より低めではさくらの花が咲くのもゆっくりですね。

小ぶりなさくらは中旬から咲いていましたが、大きいさくらが花咲くのは3月の下旬から4月上旬、新学期と年度はよいシーズンです。

この寒さで冬グッズ使用、タイツとかフリースはそのままなので温かいパンツとか、ホットコーヒーでなごんでいます。

この時期は引っ越しなどで忙しい季節、気温のレベルとしてはもう少し春らしいぽかぽかがよいですね。

仕事などで中旬のころに引っ越しが済んでいる人は、この寒さでもホットしますね、

一般的には3月の中旬前後に落着くのがポピュラー、さくらの季節には寒い時がありますが、

春のお彼岸が寒い一週間で通過するので比較的あたたかいという気もしますね。

寒い日が連日あればぽかぽかの温かい日が続くのも天気の性質、4月とか5月の暖かい季節にはこういう寒い気温が必要かなと思います。

気温が低いので冬物衣類とかグッズはそのままキープ、省エネスタイルにも冬グッズはよいので4月の葉桜の時期まで常備ですね。

食事の献立では鍋物とかおでんはお彼岸ころまでと考えましたが、

3月と4月でも白菜とかお豆腐、おでんのダイコンとか練り物数点用意して夕食メニュー。

この季節の春は朝晩と日中の気温差が特徴ですね、出かける時にも体温調整の衣類が必要、手袋もマフラーはもうしばらく日常アイテム。

電気アンカとかふかふかの毛布も、暖かい日は春の衣類という感じがしましたが、ゆっくりのシーズンですね。

3月下旬は寒いのでゆっくりのさくら・冬アイテムもうしばらく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です